News

2018/07/26
局面によって切り替え可能な弁護士交渉を更新致しました。
2018/07/26
弁護士にご縁が無い方の入り口を更新致しました。
2018/07/26
弁護士に依頼するのはいつ?を更新致しました。
2018/07/26
知っておきたい弁護士特約のからくりを更新致しました。

交通事故に遭った時には弁護士に相談を

現在はどこに行くのも車さえあれば簡単にいろいろな場所へ行ける時代になりました。今や日本は、車社会でほとんどの家庭に車がある時代です。便利な車ですが、車が増えたことで全国各地で交通事故が毎日起きておりヒヤッとしたことのある人も多いのではないでしょうか。誰もが車の事故に遭遇するか分からない時代になっています。もし自分が事故に遭ってしまったら警察や保険会社に連絡するのは当たり前ですが、これが正解でもあります。しかし示談交渉などで自分の手に負えない状態になった時には弁護士に依頼することをオススメします。
自分で相手の保険会社との示談が難しい場合には、時間が掛かってしまうだけではなく示談金が下がってしまう場合もあります。弁護士に依頼すれば示談交渉も上手く行きますが選ぶ時には、ポイントがありそれぞれ得意分野があります。ホームページを見ると得意分野が掲載してあり、交通事故を得意とする人に依頼した方が安心です。また無料で相談に乗ってくれる事務所なども多くあり、無料相談などを利用して安心して任せることが出来る人を探すのも大切です。自分が安心して任せることが出来る人に依頼すれば、事故の示談交渉をスムーズに行きます。

交通事故を納得して解決するには弁護士が一番です!

皆さんは交通事故に遭われたとき、その解決を誰に頼めばよいと思いいますでしょうか。契約している保険会社さんに任せてしまえばよいと思われてはいないでしょうか。実は交通事故の解決には弁護士を頼まれるのが一番なのです。もし交通事故の解決を弁護士に頼まずに進めると、納得のいく保険金をもらうことができなくなるかも知れないのです。

ではなぜ交通事故の解決を弁護士に頼んだ方が良いのでしょうか。それは損害賠償金の中にある慰謝料金額には相場があります。そしてその相場のもとになる基準が3種類あるのです。1つ目は「自賠責基準」2つ目は「任意保険基準」そして3つ目に「弁護士基準」と呼ばれています。自賠責基準や任意保険基準は保険会社本位であるためできるだけ低額に抑えた金額になります。その一方で弁護士基準とは過去の交通事故裁判事例などを参考にした基準になります。そのため平均して自賠責基準の2~4倍の慰謝料を請求することができるのです。このほか交通事故に強い弁護士であれば、交通事故交渉で重要な要素である過失割合に関しても有利に進められます。

このように交通事故の解決に弁護士を利用することが最も良いことが分かっていただけたと思います。今後万一交通事故に遭われた際は交通事故専門の弁護士を尋ねられることをオススメします。

Contents

局面によって切り替え可能な弁護士交渉

交通事故にあったら弁護士に相談する利点 歩いていても、自転車に乗っていても、もちろん車を運転していても、どんなときも交通事故とは隣り合わせです。他人事ではありません。交通事故に遭ってしまったら、まず弁護士に相談しましょう。病院に通う必要もあり、精神的もダメージを受けているときに、自分での話し合…

More...

弁護士にご縁が無い方の入り口

交通事故の被害者は法テラスを活用して弁護士費用負担を軽減しよう 現在の車社会において誰もが交通事故にあるリスクを負っています。もし交通事故に遭って被害をこうむった場合、治療費を負担したり仕事を休んだりすることがあるかもしれません。そうなってしまうと、弁護士費用が支払えないケースがあるでしょう。…

More...

弁護士に依頼するのはいつ?

交通事故後の処理を弁護士に依頼するメリットとは 交通事故というものは、ある日突然予期しない場面で起こりうるものです。日ごろからいくら注意していても、交通事故に遭わない可能性はゼロではありません。そのため、交通事故に遭った場合でも落ち着いて行動できるように、普段から知識を習得しておくことがとても…

More...

知っておきたい弁護士特約のからくり

交通事故に遭ったら弁護士に相談しましょう 交通事故に遭った場合、慌ててどうにかしようと思ってしまうかもしれませんが、当事者同士で解決を図ることは決してしてはいけません。相手から「急いでいるからこの場で解決しよう」と言われても応じる必要はありません。まずは警察に連絡することが重要です。そして、そ…

More...

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加