News

2018/07/26
局面によって切り替え可能な弁護士交渉を更新致しました。
2018/07/26
弁護士にご縁が無い方の入り口を更新致しました。
2018/07/26
弁護士に依頼するのはいつ?を更新致しました。
2018/07/26
知っておきたい弁護士特約のからくりを更新致しました。

交通事故にあったら弁護士に相談する利点

歩いていても、自転車に乗っていても、もちろん車を運転していても、どんなときも交通事故とは隣り合わせです。他人事ではありません。交通事故に遭ってしまったら、まず弁護士に相談しましょう。病院に通う必要もあり、精神的もダメージを受けているときに、自分での話し合いや治療費の請求などの手続きを自分で行うのは大変な作業と労力だと思います。弁護士に頼むことによって全ての交渉をしてもらえるので、治療に専念でき、交通事故に遭う前の生活に戻れる時間も短縮できます。
そして自分自身では判断できないことや、話しにくいお金の話などを、弁護士に冷静に話してもらうことにより、法律的に解決をしてもらえます。なにより弁護士を通した方が慰謝料の額も大きく変わってきます。完治する怪我だけでなく、後でもし仮に事故による後遺症が出た場合に起こりうる可能性を、多くの経験をしている弁護士に相談することによって的確にアドバイスをしてもらえ、後の生活を後悔しないために重要なポイントになってきます。ですから、そんなにひどい怪我もしてないから示談していいだろうと考えずに、交通事故に遭ってしまったのだから、まず弁護士に相談しアドバイスを貰おう考えるのが一番良い選択です。

交通事故の代理人になれるのは弁護士だけ!

交通事故に合った際、自動車同士、自動車やバイクそして自転車などと人身の場合では事故対応は異なります。加入する保険会社に任せれば問題無いと思いがちですが、自動車同士の交通事故でも過失割合がゼロ、人身事故の場合は自身の加入する保険会社に交渉を依頼しても対応してくれません。このような場合に対応できるのは、被害者と代理人となる弁護士だけです。

そもそも、弁護士法第72条において、弁護士でないものは交通事故の示談交渉などの代理人として相手方との交渉ができないということになっています。つまり、自身の加入する保険会社に交渉を依頼した場合、弁護士法に違反するため一切受け付けてくれません。また、保険会社はアドバイスはしてくれるものの、最終的には被害者自身の責任と判断になります。弁護士を紹介してくれるのかという点ですが、利害関係の一致するものを紹介してしまった場合、保険会社に有利と判断される可能性も高く、昨今騒がれるコンプライアンスを気にするため紹介を受けることも難しくなっています。

そのため、交通事故で示談交渉を円滑に行いたい、加害者側の保険会社から納得の行く保支払を受けたいという場合は、交通事故を専門とする弁護士に依頼するのがおすすめです。最近では、無料相談も行う弁護士事務所が多いだけでなく、出張による対応も受けられるため入院中でも安心して依頼することができます。

Contents

局面によって切り替え可能な弁護士交渉

交通事故にあったら弁護士に相談する利点 歩いていても、自転車に乗っていても、もちろん車を運転していても、どんなときも交通事故とは隣り合わせです。他人事ではありません。交通事故に遭ってしまったら、まず弁護士に相談しましょう。病院に通う必要もあり、精神的もダメージを受けているときに、自分での話し合…

More...

弁護士にご縁が無い方の入り口

交通事故の被害者は法テラスを活用して弁護士費用負担を軽減しよう 現在の車社会において誰もが交通事故にあるリスクを負っています。もし交通事故に遭って被害をこうむった場合、治療費を負担したり仕事を休んだりすることがあるかもしれません。そうなってしまうと、弁護士費用が支払えないケースがあるでしょう。…

More...

弁護士に依頼するのはいつ?

交通事故後の処理を弁護士に依頼するメリットとは 交通事故というものは、ある日突然予期しない場面で起こりうるものです。日ごろからいくら注意していても、交通事故に遭わない可能性はゼロではありません。そのため、交通事故に遭った場合でも落ち着いて行動できるように、普段から知識を習得しておくことがとても…

More...

知っておきたい弁護士特約のからくり

交通事故に遭ったら弁護士に相談しましょう 交通事故に遭った場合、慌ててどうにかしようと思ってしまうかもしれませんが、当事者同士で解決を図ることは決してしてはいけません。相手から「急いでいるからこの場で解決しよう」と言われても応じる必要はありません。まずは警察に連絡することが重要です。そして、そ…

More...

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加