News

2018/07/26
局面によって切り替え可能な弁護士交渉を更新致しました。
2018/07/26
弁護士にご縁が無い方の入り口を更新致しました。
2018/07/26
弁護士に依頼するのはいつ?を更新致しました。
2018/07/26
知っておきたい弁護士特約のからくりを更新致しました。

交通事故の被害者は法テラスを活用して弁護士費用負担を軽減しよう

現在の車社会において誰もが交通事故にあるリスクを負っています。もし交通事故に遭って被害をこうむった場合、治療費を負担したり仕事を休んだりすることがあるかもしれません。そうなってしまうと、弁護士費用が支払えないケースがあるでしょう。だから弁護士に依頼しないというのではなく、法テラス活用してピンチを乗り切ってみましょう。

経済的な事情で弁護士費用が支払えないという交通事故被害者におすすめなのが、「民事法律扶助制度」です。この制度を利用したい場合、窓口となるのが法テラスです。民事法律扶助制度とは、経済的な理由で弁護士費用が捻出できないなど、泣き寝入りを覚悟するような被害者を救済する制度のことです。この民事法律扶助制度は裁判だけでなく、交通事故のような示談交渉でも利用することは可能です。ただし民事法律扶助制度を活用するためには、収入などが一定額以下であるなどの条件が必要となります。詳しいことは直接法テラスに確認することをおすすめします。また交通事故に強い弁護士のホームページなどでは、「民事法律扶助制度が利用可能」と記載しているところがあります。これは申請方法や手順についてアドバイスしてくれるものであり、制度そのものの申請手続きを受け付けているわけではないことは知っておくと良いです。

交通事故の示談交渉で最も頼れる存在が弁護士です

交通事故の被害に遭ってしまった場合、示談に向けて様々な交渉が行われます。ただし、保険会社に言いくるめられそうになったり、加害者との示談が上手くいかなかったりするケースも少なくありません。その結果、満足いく賠償が受けられず、泣き寝入りする可能性もあります。やはり交通事故の示談交渉において、うまく行かないと感じたら弁護士に相談することがおすすめです。

交通事故の示談交渉は、被害者自身で行うことが可能です。実際に交通事故後の対応についてまとめているサイトでも、対処方法や手続きの進め方については、被害者自身で問題に立ち向かうケースを前提としているものが多いです。しかし、損害賠償の交渉を行うためには法律の知識が必要です。普段から法律に触れる機会が多い人であれば問題ありませんが、そうでない場合事故に遭ってから勉強しても遅いでしょう。交通事故示談交渉では、民法、自賠責法、道交法など複数の法律に精通していないといけません。また、示談交渉は長期間かかるという覚悟も必要になります。自分1人だと心細くなるので、弁護士に依頼して交通事故示談を進めてもらいましょう。弁護士は交渉の手続きを代行するだけではなく、適切なアドバイスを与え、より被害者に有利な条件で示談が行えるよう働きかけてくれます。満足できる賠償を得るだけでなく、精神的にも安心感が得られます。

Contents

局面によって切り替え可能な弁護士交渉

交通事故にあったら弁護士に相談する利点 歩いていても、自転車に乗っていても、もちろん車を運転していても、どんなときも交通事故とは隣り合わせです。他人事ではありません。交通事故に遭ってしまったら、まず弁護士に相談しましょう。病院に通う必要もあり、精神的もダメージを受けているときに、自分での話し合…

More...

弁護士にご縁が無い方の入り口

交通事故の被害者は法テラスを活用して弁護士費用負担を軽減しよう 現在の車社会において誰もが交通事故にあるリスクを負っています。もし交通事故に遭って被害をこうむった場合、治療費を負担したり仕事を休んだりすることがあるかもしれません。そうなってしまうと、弁護士費用が支払えないケースがあるでしょう。…

More...

弁護士に依頼するのはいつ?

交通事故後の処理を弁護士に依頼するメリットとは 交通事故というものは、ある日突然予期しない場面で起こりうるものです。日ごろからいくら注意していても、交通事故に遭わない可能性はゼロではありません。そのため、交通事故に遭った場合でも落ち着いて行動できるように、普段から知識を習得しておくことがとても…

More...

知っておきたい弁護士特約のからくり

交通事故に遭ったら弁護士に相談しましょう 交通事故に遭った場合、慌ててどうにかしようと思ってしまうかもしれませんが、当事者同士で解決を図ることは決してしてはいけません。相手から「急いでいるからこの場で解決しよう」と言われても応じる必要はありません。まずは警察に連絡することが重要です。そして、そ…

More...

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加